前へ
次へ

家を賃貸で借りて友人と共同生活

私には高校生の時から付き合っている友人が2人います。
高校生の頃からなのでかれこれ7~8年の付き合いになるのですが、彼女たちと昔から言っていることがあります。
「お金が貯まったら一緒に暮らそう」と。
それほどに仲が良いのですが、実際にその話になった時にどういう家が良いのかということが問題になりました。
賃貸で物件を探すのは違いありませんが、賃貸といってもいろいろな部屋がありますし、複数人で暮らすことが出来ない物件も中にはあります。
そこで私はそれが面倒だと思ったので、借家を借りることを提案しました。
借家ならばお互いの部屋が出来るし、リビングやキッチンもついてきます。
いくら仲が良くても、多少のプライベートゾーンは必要です。
部屋を借りるとなると高く付きますが、貸家は案外安いです。
若者の共同生活はこれで充分です!

賃貸で見付けた借家に一家で暮らそう

今の御時世、マイホームを夢見る人がどのくらいいるでしょうか。
こんな不景気のさなかにマイホーム購入はさすがに痛いものです。
ですから私も数年前に抱いたマイホームの夢を、もうすでに諦めてしまいました。
年齢的にはこれから脂が乗ってくるのですが、実際の状況はそう甘くはありません。
給料も横ばいで上がる様子さえありません。
ですが、3人いる子どももだいぶ大きくなってきて、さすがに3人で一緒の部屋は可哀想な気さえしてきました。
そこで私はマイホームならぬ借家へ引っ越すことを考えました。
賃貸の物件を扱うサイトで探してみると、ラッキーなことに近場で良い借家を見付けました。
このラッキーは賃貸ならではなのかもしれませんが、これがあったからこそ借家への引越しも決められたので賃貸さまさまですね。

Page Top